症例紹介

正中離開(前歯の隙間)を削らないでダイレクトボンディングで治療する方法

症状 前歯の隙間の審美不良 歯を削らないで審美治療を行いたい
治療法 エナメル質を削らないでライトタッチレーザーを照射してマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用して、ダイレクトボンディング法で処置
費用 80000円~(税別)
通院回数 2回(初診+治療)
備考 隙間が大きすぎる場合はダイレクトボンディングができないことがあります。マイクロスコープを使用して精密ダイレクトボンディング治療を行うのでつなぎ目がほとんどわからない修復を行うことができます。

この症例の詳細を見に行く

正中離開(前歯の隙間の治療)

症状 前歯の隙間を被せないで治したい。
治療法 ダイレクトボンディング法(ライトタッチレーザーとマイクロスコープ使用)
費用 60000~80000円(1歯あたり)
通院回数 2回
備考 本症例では通院は回数は1回です。

この症例の詳細を見に行く

審美治療の症例

症状 色調不良、審美不良、金属を白い材料へ変えたい
治療法 ラバーダム防湿を行い、マイクロスコープを使用して注意深く金属を削り取ります。色調に合ったダイレクトボンディング用のレジンを接着し、形態修正、研磨を行います。
費用 50000円(税別)
通院回数 1回
備考 咬合面形態を極力再現して、審美的に歯の形を回復させます。 詰め物の範囲が大きい場合、被せる治療が適応となる場合があります。

この症例の詳細を見に行く

Home Telephone Consultation Access