症例紹介

他院で歯を抜いて矯正治療が必要といわれたけど、歯を抜かないで治療した症例

症状 重度の叢生を伴う不正咬合と審美障害
治療法 歯を抜かないでデイモンシステムでの矯正治療
費用 720,000円(税別) 5,000円(月に1回)
通院回数 17回(17ヶ月)
備考 他の矯正歯科医院で歯を抜いて抜歯する必要があるといわれたけど、歯を抜かないで矯正治療を受けたいという希望で来院の中学生です。

この症例の詳細を見に行く

エナメル質形成不全をダイレクトベニアで修復した治療例

症状 前歯のエナメル質形成不全症による審美障害
治療法 ダイレクトベニア修復
費用 前歯3本で210000円(税別)
通院回数 3回
備考 左上の側切歯は形態不良もあったために、色調だけでなく形態も改善しています。

この症例の詳細を見に行く

成人の矯正治療症例(治療期間19ヶ月)

症状 叢生による審美不良
治療法 デイモンブラケットによる歯を抜かない矯正治療
費用 840,000円(税別) 再診料5,000円(月に1回)
通院回数 19回 矯正治療期間19ヶ月
備考 重度叢生症例の場合、抜歯ケースになることが多いようですが、成人でも19ヶ月という短期間で歯を抜かないで矯正治療を終えることができました。

この症例の詳細を見に行く

上唇小帯付着異常のエルビウムヤグレーザーによる処置症例

症状 上顎の前歯に隙間があり、上唇小帯(前歯の中心の上唇に付く筋)がひじょうに厚く歯の間に付着しています。
治療法 少量の局部麻酔を行い、エルビウムヤグレーザー(ライトタッチレーザー)で小帯を切除しました。縫合は行っていません。
費用 10,000円(税別)
通院回数 3回 (1回目:初診の診査 2回目:レーザー処置 3回目:翌日の消毒)
備考 縫合していないので手術した傷跡がほとんどわかりません。痛みはほとんどなかったそうです。上唇小帯付着異常は正中離開の原因となるので早めの処置が必要となる場合があります。メスで切ると切り傷になり、また縫合するので傷跡が残る場合もありますが、レーザーを使うと痛みが少なく、傷跡もほとんどわかりません。

この症例の詳細を見に行く

部分矯正(プチ矯正)

症状 上の前歯が翼状捻転しており、審美不良と咬合異常があります
治療法 前歯6本+小臼歯1本に矯正用のブラケットを装着して部分矯正(プチ矯正)を行いました
費用 420,000円(税別) 5,000円(毎月1回)
通院回数 15回

この症例の詳細を見に行く

Home Telephone Consultation Access